ハルバルの家
PEERCASTにて配信中のハルバルによるブログです お絵かき、日常、いろいろあります
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6/26 2回目の釣行撮影で・・・
前回購入したビデオカメラで2度目の釣行。

今回は投げ釣りでの竿の反応を抑えるべく三重の長島河口付近へ

何が釣れるかは未知数

うなぎや
048_unagi.jpg
シーバス
suzuki.jpg

の実績があるが、両方とも夜釣りだからどうなることやら



いざ竿を構えて
IMG_20160626_074245.jpg


さあ撮影開始だ!!!

と思ったら・・・










IMG_20160626_092734.jpg


なんか画面がおかしいんだがーーーーーー!!!


完全に逝ってしまってます・・・本当にありがとうございました・・・・


まさか2回目でいってしまうとは・・

初期不良の可能性高いのでメーカーに相談してきます


落ち込みながら粘っていると、こまかいアタリはあるが続かず、

イソメちゃんの先っぽだけ食われるばかり・・




しかたがないので移動し、落ち込んだ気分振り払うためハゼの1級ポイントへ

IMG_20160626_121747.jpg


やっぱいいポイントだけあって、釣れる釣れる


でも
IMG_20160626_130710.jpgIMG_20160626_130636.jpg


サイズが・・・・・


まだ時期早々なのか、大きくてもこのサイズですね

IMG_20160626_130721.jpg


ちょいブサかわの子もいました

IMG_20160626_130740.jpg


やっぱり釣れるってことは大事ですね。

めちゃくちゃ楽しかった! 凹んだ時にはハゼ釣り!これですね
















この日 6/26 はうちの愛犬「もも」の誕生日でした!

IMG_20160626_153534.jpgIMG_20160626_154510.jpg

IMG_20160626_155030.jpgIMG_20160626_155105.jpg

ジャガイモベースでケーキを作りました。



お誕生日おめでとう!!

IMG_20160626_181437.jpg



スポンサーサイト
6/19 釣りのためにビデオカメラ購入 & ヘラブナ釣行
自分の釣行記録をとってみたい!

と前からおもってまして、様々なメーカーのビデオカメラとにらめっこしまくりました。

そこで決めたのがJVCの『GZ-RX500』
IMG_20160627_175030.jpg
IMG_20160627_175059.jpg

理由としてはバッテリーの長さと耐久度

外、更にいえば海で釣りのアタリシーンを撮るとなると

かなり長時間の付けっぱなしの時間が必要になる


この機種だと実働時間5時間

連続撮影時間だと3時間弱になるらしい

この長さはビデオカメラの中でもかなりの上位に入る長さである。

さらに水深5mまでなら30分撮影可能というかなりたくましい子ですw



こいつを片手にさっそく釣行にいってきました。

今回は初めての「ヘラブナ釣り」

釣りの格言で『鮒に始まり鮒に終わる』とあるくらい鮒釣りは奥が深いものである


また鮒はどこにでもいるので移動も簡単なので奥が深いながらも気軽にできるので覚えておいて損はない


現場についてビデオ撮影開始、回していると早速発見

screenshot61.jpg

亀です!

亀の住まう川には鮒もいるとかいないとか


今回使う仕掛けはネットで調べたまんまをしよう

・ヘラブナ竿 9尺
・道糸2号 リーダー1号
・ウキを全部忘れたためチヌ用のアタリうきを使用
・ハリは3号と4号を使用

問題なのは餌!

ネットで探しても議論を繰り返されてるだけだし

お店でも数が多すぎてよくわからん

お店の人に聞くと なんでもいいw


それらの話をまとめると餌を独自に考え他の人と差をつけていくのが面白いのだろう・・と思う

悩んだ末に単体で使える「真底」!に決定

screenshot62.jpg


そしてマッシュしたジャガイモに小麦粉を混ぜたものをそれぞれにつけました

screenshot67.jpg


いざ釣行開始!


まず底をはかりながらウキの位置を調整していく

川の流れにじっくりなじむように流していくと・・・・開始10分で・・・


キタァ━━━( ´∀`)━━━━!!!

screenshot63.jpg
screenshot611.jpg


かめだあああああああああああああああああああああああああああああ!!!!wwww

前半の前フリが聞いた結果となりましたww


その後1時間近くあたりなくしぶとく粘っていると

screensho66.jpg

待望のヘラブナGET!


ちっちゃくてかわいいけどボウズ回避です!

顔がとってもかわいいです


さらに30分ほど粘っていると・・・・

screenshot65.jpg

かめだ・・・・・


結果1匹だけでしたが、天気もよく、自然の中でのんびり釣りするのはとても気持ちよかったです。

常時竿にトンボがとまってくるようなのんびり空間でした

screenshot64.jpg




でもモモは釣果にがっかりなご様子でした

screenshot68.jpg


6/6 潮干狩り
土日と休みを潰された分、月曜日に代休が取れたため

前に動画を見て非常に気になっていた

マテ貝!
mategai1.jpg


をとりに行くことに。  (今回は調子にのってイラスト解説をのせてみました)

愛知県内ではお金をかなり取られてしまうため、三重県の津辺りを目指しました。


安濃川河口


ここは遠浅で砂地が続く所なので潮干狩りにはかなり適しているらしい


着いてみると、とても綺麗!

IMG_20160606_125531.jpg

IMG_20160606_111535.jpg

IMG_20160606_111507.jpg


というのもほとんど人がおらず荒らされている形跡がないからだ

いたのは地元のおいちゃん二人程

かなり手馴れた手付きで大きなクワで田植えでもするように掘っていた

潮干狩り1


自分の小さな草刈りでは引け目を感じてしまったので離れてこそこそとやることに。

まずは穴探し!

ネットの情報によると浅く掘っていくと貝の穴があり

そこに塩をぶちまけるとぴょこっと出てくるというのだ


とにかく広くほってほってほってほって・・・・・・・

けれども出るのは小さな穴ばかり

やけになって塩をぶちかますが何も出るわけもなく・・

[広告] VPS



そんな時、一人田植えもどきをしていたおいちゃんが近くに来て


お「どうだい?とれるかい?」

ハ「いやー、全然だめですわー」

お「自分も全然だめだねー、3個くらいしか取れなかったからあげるよ」

ハ「??!!!!!」

といって10cmくらいのハマグリをもらってしまったww

そして自分がマテ貝とりに来たことを伝えるとちょっとしたコツを伝授してもらいました。

水が完全に引いた辺りの方が砂が上から埋まらなくてやりやすいことと、

あとはとにかく広く浅く掘ること、だからおいちゃんが持ってるような百姓のクワが一番いいらしい
(小さいのはとにかく腰が辛い)

あと穴は蟹よりももっと大きく楕円で涙型をしているらしい

潮干狩り2




と言って色々教えてくださり肩にクワを担いで颯爽とおいちゃんは去っていった・・やだカッコイイ・・

潮干狩り3



なんとかがんばって続けていくと・・・あったーーーー

とうとう見つけましたよ・・・そして塩をぶちまけて・・


[広告] VPS




ゲットしましたー

IMG_20160606_130113.jpg


その後もう一個見つけまして、マテ貝とりは2個で終了となりました

途中あさり(?)やらなんやらもいろいろ見つけ

このような結果となりました。

IMG_20160606_153538.jpg



ちょっと少ないですが、マテ貝のあの行動が見れたので大満足です。


さっそく酒蒸しにしていただきました。

IMG_20160606_181530.jpg



ハマグリは抜群にうまい!

あとたぶんバカ貝も混ざっていたけど全然うまかった!むしろ個人的にはこっちの方が好きかもw


マテ貝はハマグリとかに比べると少し淡白な味わい、でもてとてもおいしく頂きました。

おいちゃんありがとうございました。





最初はこれがマテ貝だとずっと思ってましたw

IMG_20160606_140427.jpg


これはなんだろう?サンゴ?








おまけの珍生物発見

IMG_20160606_142427.jpg

あっ・・・・・
こぶちゃん食事内容改善計画(※虫注意)
今朝早朝テニスをしていつものように10時ごろに帰って

こぶちゃんにご飯をあげようと思って訪ねてみると

IMG_20160326_101102.jpg

部屋から出てこない!!




ご飯をチラつかせても、横目でチラッと見るだけでほとんど興味なし・・

正直めっちゃ焦りました・・・・


慌てて、グーグル先生に相談すると、フトアゴヒゲトカゲのトラブルでこういったものがありました。


消化不良
・・・床にベチャッと伏せて目を閉じたまま動かなくなり、
最悪、食べたものが長期間消化管内に停滞することによって、
腸管が癒着したり消化管の炎症や部分的な腸の壊死などに進行する可能性もあります。


え・・・・・・正直頭真っ白になりました。

まさか前日食べさせたかぼちゃが悪かったとか、、時間もちょっと遅かったからか・・

などと考えながら記事を見ていると、

原因としては「環境温度が低かったり、食べたあとすぐに温度が下がった場合や大きめの餌を食べ過ぎた場合など吐き戻しや消化不良となることがあります。」

とのこと

こぶちゃんのケージには2箇所、温度を見れるようにしてありまして

IMG_20160326_150755.jpg

奥ののピンマイクみたいのがサーモなんちゃらというやつで

これで温度管理をしてライトをつけたり消したりしてくれます。

その表示がこれ

IMG_20160326_150210.jpg

この表示は今朝撮り忘れたので後で撮ったものですが

このときの温度は26℃でした

まぁちょい低いくらいだからすぐライトがついてあがるだろうと思ってました。


そして手前の温度計が

IMG_20160326_150402.jpg

20℃!!

さすがに寒すぎる!

ここまで温度差があるのは今までなかった・・・


しばらく上がるまで待ってみましたが一向に上がる気配がない。

おかしいと思い左側の温度調整のためのナイトランプを触ってみたら

全く機能してませんでした・・・・

IMG_20160326_151046.jpg


つまり奥側は右にあるバスキングライトの反射熱でガラスがあったまっていたが

部屋全体はライトが切れているため手前の温度計のような温度になっていたようです。。。


ほんまごめんよこぶちゃん・・・寒かったんだな・・・


その後テニスだった為、応急処置としてバスキングライトを小屋の近くに移動し

小さい水皿をおいて湿度を上げることにより温度調整をし

全体をダンボールで包んで保温しておきました。


帰ってくると体内にあったかい空気を取り込もうとしていました

IMG_20160325_194427.jpg



電球を買いにいつものペットショップに行った際に

きゃすけっとというイベントの時に、ヒョウモントカゲモドキを育てている方が

『冷凍コオロギ』なるものを使われているのを見て、気になっていたので店員さんに聞いてみました。



:活コオロギと冷凍コオロギだとどういったデメリットが出てきますか?

A:栄養分としては冷凍することにより多少ビタミンなどが一部壊れてしまう可能せいがありますが

そこまで大きな違いはでてきません。活コオロギは飼育が大変でトカゲよりコオロギがメインに

なってしまうことが多々あります。なので冷凍でやられてる方は結構います。

それよりも大事なのが単純に食べてくれるかどうかです。

生きているコオロギしか食べない子がいるのでそれさえクリアできれば問題ないと思います。




なるほど、、、というわけで買ってみました。冷凍コオロギ

IMG_20160326_145225.jpg


120匹ほど入って980円。生きたものを買うのよりかなり安い


ペットショップでついでに現在の食事状況を伝えると

今くらいの大きさになっているのであればそろそろ野菜メインに移行したほうがいいですね。

カボチャ?カボチャはフルーツの部類にはいってしまうので、

小松菜やニンジンなどを食べさせてあげてください

またペレットをあげれるようになると栄養のバランスもとれるのでいいと思います


なのでこれからはメインになるのは基本こちらのラインナップになります


野菜類(今回は緑のものやニンジンがなかった為、カボチャとリンゴ・・・・)
IMG_20160326_150947.jpg


フトアゴ用フード(野菜ジュースでふやかしてあります)
IMG_20160326_150937.jpg


そして、冷凍コオロギ!


これが一番心配だったのですが







1458976053zwaSBkzAHAAmZ5o1458975977.gif


めっちゃ食ってくれました


ちなみにペレットはノータッチです・・・


店員さんによると普段からピンセットなどで上げてるのでしたら

ピンセット=ご飯 と思ってくれてるのでたぶん大丈夫ですよと言われてたのですが

でもちょっと心配だったので本当よかったです。


今後は野菜中心でいくんでしっかり食べてくださいね!こぶちゃん







近々たなご釣りに行きたいと思っているので

釣果があったらご報告します

IMG_20160325_212820.jpg

コオロギ繁殖 続報
コオロギの繁殖を試みて1ヶ月ほど経ちました。

色々試行錯誤してきましたが、ひじょうに難しい

もともと普通のコオロギもなかなか管理が出来ず共食いを何度もさせてしまっている状態なのですが

この小さい子達はちょっと管理を間違えるとすぐダメになってしまいます・・


自分の管理不足のせいで何匹もの若い命を失ってしまいました。

申し訳ありません


色々経験やらネットやらで調べて試行錯誤を重ねた結果

IMG_20160323_153010.jpg

なんとかこの大きさまで育てることが出来ました。

ここに行き付くまでに必要なことは

・温度、湿度管理
子供たちにとって乾燥は最大の敵でした。

水飲みのために濡らしたコットンを入れていたのですが、

自分が使っていたタッパーは空気を取り込ませようとふたになるべく多くの穴を開けていました。

そのせいで特に今の時期は非常に乾燥しやすく、

前日夕方にコットンを入れていても朝方にはすでに乾いていました。

なのでタッパーの蓋をかえ空気穴はふちに2箇所、最低限の分だけにしました

・ご飯
今までコオロギ用のご飯を細かくすりつぶして小さな餌入れに入れていましたが

子供たちは移動するのも大変労力を使う + 餌に気づきにくいため食べる前に力尽きることがあるそうです。

またコオロギの餌も砕いても意外と硬いため食べるのが大変らしいです

なのでまずご飯をコオロギのご飯+金魚の餌フレーク状のものを追加しました

そしてそれを餌入れにいれず全体に満遍なくばら撒いてみました



そんなこんなで少しずつ改善しながら育てていければいいなと思います。

ただ心配なのはこの子たちが大きくなったときこぶちゃんに食べさせることが出来るのだろうか・・




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。