ハルバルの家
PEERCASTにて配信中のハルバルによるブログです お絵かき、日常、いろいろあります
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こぶちゃん食事内容改善計画(※虫注意)
今朝早朝テニスをしていつものように10時ごろに帰って

こぶちゃんにご飯をあげようと思って訪ねてみると

IMG_20160326_101102.jpg

部屋から出てこない!!




ご飯をチラつかせても、横目でチラッと見るだけでほとんど興味なし・・

正直めっちゃ焦りました・・・・


慌てて、グーグル先生に相談すると、フトアゴヒゲトカゲのトラブルでこういったものがありました。


消化不良
・・・床にベチャッと伏せて目を閉じたまま動かなくなり、
最悪、食べたものが長期間消化管内に停滞することによって、
腸管が癒着したり消化管の炎症や部分的な腸の壊死などに進行する可能性もあります。


え・・・・・・正直頭真っ白になりました。

まさか前日食べさせたかぼちゃが悪かったとか、、時間もちょっと遅かったからか・・

などと考えながら記事を見ていると、

原因としては「環境温度が低かったり、食べたあとすぐに温度が下がった場合や大きめの餌を食べ過ぎた場合など吐き戻しや消化不良となることがあります。」

とのこと

こぶちゃんのケージには2箇所、温度を見れるようにしてありまして

IMG_20160326_150755.jpg

奥ののピンマイクみたいのがサーモなんちゃらというやつで

これで温度管理をしてライトをつけたり消したりしてくれます。

その表示がこれ

IMG_20160326_150210.jpg

この表示は今朝撮り忘れたので後で撮ったものですが

このときの温度は26℃でした

まぁちょい低いくらいだからすぐライトがついてあがるだろうと思ってました。


そして手前の温度計が

IMG_20160326_150402.jpg

20℃!!

さすがに寒すぎる!

ここまで温度差があるのは今までなかった・・・


しばらく上がるまで待ってみましたが一向に上がる気配がない。

おかしいと思い左側の温度調整のためのナイトランプを触ってみたら

全く機能してませんでした・・・・

IMG_20160326_151046.jpg


つまり奥側は右にあるバスキングライトの反射熱でガラスがあったまっていたが

部屋全体はライトが切れているため手前の温度計のような温度になっていたようです。。。


ほんまごめんよこぶちゃん・・・寒かったんだな・・・


その後テニスだった為、応急処置としてバスキングライトを小屋の近くに移動し

小さい水皿をおいて湿度を上げることにより温度調整をし

全体をダンボールで包んで保温しておきました。


帰ってくると体内にあったかい空気を取り込もうとしていました

IMG_20160325_194427.jpg



電球を買いにいつものペットショップに行った際に

きゃすけっとというイベントの時に、ヒョウモントカゲモドキを育てている方が

『冷凍コオロギ』なるものを使われているのを見て、気になっていたので店員さんに聞いてみました。



:活コオロギと冷凍コオロギだとどういったデメリットが出てきますか?

A:栄養分としては冷凍することにより多少ビタミンなどが一部壊れてしまう可能せいがありますが

そこまで大きな違いはでてきません。活コオロギは飼育が大変でトカゲよりコオロギがメインに

なってしまうことが多々あります。なので冷凍でやられてる方は結構います。

それよりも大事なのが単純に食べてくれるかどうかです。

生きているコオロギしか食べない子がいるのでそれさえクリアできれば問題ないと思います。




なるほど、、、というわけで買ってみました。冷凍コオロギ

IMG_20160326_145225.jpg


120匹ほど入って980円。生きたものを買うのよりかなり安い


ペットショップでついでに現在の食事状況を伝えると

今くらいの大きさになっているのであればそろそろ野菜メインに移行したほうがいいですね。

カボチャ?カボチャはフルーツの部類にはいってしまうので、

小松菜やニンジンなどを食べさせてあげてください

またペレットをあげれるようになると栄養のバランスもとれるのでいいと思います


なのでこれからはメインになるのは基本こちらのラインナップになります


野菜類(今回は緑のものやニンジンがなかった為、カボチャとリンゴ・・・・)
IMG_20160326_150947.jpg


フトアゴ用フード(野菜ジュースでふやかしてあります)
IMG_20160326_150937.jpg


そして、冷凍コオロギ!


これが一番心配だったのですが







1458976053zwaSBkzAHAAmZ5o1458975977.gif


めっちゃ食ってくれました


ちなみにペレットはノータッチです・・・


店員さんによると普段からピンセットなどで上げてるのでしたら

ピンセット=ご飯 と思ってくれてるのでたぶん大丈夫ですよと言われてたのですが

でもちょっと心配だったので本当よかったです。


今後は野菜中心でいくんでしっかり食べてくださいね!こぶちゃん







近々たなご釣りに行きたいと思っているので

釣果があったらご報告します

IMG_20160325_212820.jpg

スポンサーサイト
コオロギ繁殖 続報
コオロギの繁殖を試みて1ヶ月ほど経ちました。

色々試行錯誤してきましたが、ひじょうに難しい

もともと普通のコオロギもなかなか管理が出来ず共食いを何度もさせてしまっている状態なのですが

この小さい子達はちょっと管理を間違えるとすぐダメになってしまいます・・


自分の管理不足のせいで何匹もの若い命を失ってしまいました。

申し訳ありません


色々経験やらネットやらで調べて試行錯誤を重ねた結果

IMG_20160323_153010.jpg

なんとかこの大きさまで育てることが出来ました。

ここに行き付くまでに必要なことは

・温度、湿度管理
子供たちにとって乾燥は最大の敵でした。

水飲みのために濡らしたコットンを入れていたのですが、

自分が使っていたタッパーは空気を取り込ませようとふたになるべく多くの穴を開けていました。

そのせいで特に今の時期は非常に乾燥しやすく、

前日夕方にコットンを入れていても朝方にはすでに乾いていました。

なのでタッパーの蓋をかえ空気穴はふちに2箇所、最低限の分だけにしました

・ご飯
今までコオロギ用のご飯を細かくすりつぶして小さな餌入れに入れていましたが

子供たちは移動するのも大変労力を使う + 餌に気づきにくいため食べる前に力尽きることがあるそうです。

またコオロギの餌も砕いても意外と硬いため食べるのが大変らしいです

なのでまずご飯をコオロギのご飯+金魚の餌フレーク状のものを追加しました

そしてそれを餌入れにいれず全体に満遍なくばら撒いてみました



そんなこんなで少しずつ改善しながら育てていければいいなと思います。

ただ心配なのはこの子たちが大きくなったときこぶちゃんに食べさせることが出来るのだろうか・・




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。