ハルバルの家
PEERCASTにて配信中のハルバルによるブログです お絵かき、日常、いろいろあります
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コオロギ繁殖 続報
コオロギの繁殖を試みて1ヶ月ほど経ちました。

色々試行錯誤してきましたが、ひじょうに難しい

もともと普通のコオロギもなかなか管理が出来ず共食いを何度もさせてしまっている状態なのですが

この小さい子達はちょっと管理を間違えるとすぐダメになってしまいます・・


自分の管理不足のせいで何匹もの若い命を失ってしまいました。

申し訳ありません


色々経験やらネットやらで調べて試行錯誤を重ねた結果

IMG_20160323_153010.jpg

なんとかこの大きさまで育てることが出来ました。

ここに行き付くまでに必要なことは

・温度、湿度管理
子供たちにとって乾燥は最大の敵でした。

水飲みのために濡らしたコットンを入れていたのですが、

自分が使っていたタッパーは空気を取り込ませようとふたになるべく多くの穴を開けていました。

そのせいで特に今の時期は非常に乾燥しやすく、

前日夕方にコットンを入れていても朝方にはすでに乾いていました。

なのでタッパーの蓋をかえ空気穴はふちに2箇所、最低限の分だけにしました

・ご飯
今までコオロギ用のご飯を細かくすりつぶして小さな餌入れに入れていましたが

子供たちは移動するのも大変労力を使う + 餌に気づきにくいため食べる前に力尽きることがあるそうです。

またコオロギの餌も砕いても意外と硬いため食べるのが大変らしいです

なのでまずご飯をコオロギのご飯+金魚の餌フレーク状のものを追加しました

そしてそれを餌入れにいれず全体に満遍なくばら撒いてみました



そんなこんなで少しずつ改善しながら育てていければいいなと思います。

ただ心配なのはこの子たちが大きくなったときこぶちゃんに食べさせることが出来るのだろうか・・
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://springzpring.blog.fc2.com/tb.php/114-c67e9586
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。